<< しつこい汚れを落とす魔法の洗剤 | main | 恋する男と女 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    体外受精の助成金43歳未満に制限

    0

       体外受精の助成金43歳未満に制限

      不妊治療にかかる費用の助成制度
      不妊治療助成金  43歳未満に制限

      43歳の線引きしたのは、

      不妊治療の結果が年齢によって大きく左右されるから。

      体外受精が出産につながった割合は

      32歳までは約20%
      35歳を過ぎると下がり続け
      43歳では出産に至るのはわずか2%
      (出産にいたっても問題が多い ダウン症の確率もあがるとか)

      一方で流産してしまう割合は年齢とともに上がる

      43歳で55.2%が流産

       

      体外受精の費用は1回30〜50万円
      国と都道府県は 1回あたり15万円を助成してきた。
             これまでは、年齢制限なしで5年間で10回まで助成制度を利用出来た。

      昨年度は助成件数13万件超 200億円
      国や都道府県の負担は年々増えてきており、
      今回の助成制度の見直しに至った。
      (おそらく、健康な赤ちゃんが生まれないと国の負担は大きくなるとの判断もあります。)

      年齢  43歳未満
      利用回数は6回まで


      吉村泰典 慶応大教授
      「43歳以上の体外受精は非常に危険だと知って欲しい」

      母子共に健康体を考えるなら若いうちが一番です。
      高齢出産は、出産も出産後もリスクが大きすぎます。
      婚活女性は年齢を意識して頑張り時です。

       

      morimiyako * - * 11:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 11:30 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ